CATEGORY サロンの開業に必要なこと

サロンの開業に必要なこと

サロン開業の賢い道

開業って、本当にワクワクが一番強い時期。

ネイリストの大野さん、鷲山さんは

オープン初日に向けて

邁進されています。

私はコンサルとして、サロン作りだけではなく

集客・経営・リピート・ファン作り・売上の目標管理など

多角的に、とことん現場目線での考え方・あり方・やり方を

お伝えすること、

何よりも「売上」という結果を出すのがミッションです。

サロン開業・リニューアルに必要なすべてのノウハウを

順序立てて、お二人が納得がいくように一緒に考え、

一緒に取り組み、一緒に走っています。

サロンの開業に必要なこと

美容室・エステサロンでのネイルブースを出すなら…

美容室でのネイルサービスの魅力は、やはり「トータルビューティー」

まだまだあります、素敵なメリット!

お客様の全身を美しくしてあげられる→満足度が上がる
お客様の来店理由(動機)が増える
来店頻度が増える
客単価が上がる
集客の導線が増える
美容室のお客様がネイルに

ネイルのお客様が美容室に、導線が増えることで

お客様が増えるだけでなく、離れにくくなる

これが最大のメリットではないでしょうか?

潜在的なニーズを開拓するチャンスに満ちています。

美容室+ネイルサロン、デメリットは?
デメリットとしては、

ブランドをある程度統一する必要性がある
ターゲットが同じ・または近い必要があるので、ブランドイメージがかけ離れていては提携は難しいですね

どっちが電話に出る?掃除する?
細かい話ですが、小さなことほどきちんと決めておかないとお互いに不満が溜まってしまいます

紹介のマージンを渡す?
これはデメリットというより、条件として入れるかどうか

お客様を紹介したら20%などど取り決めをしておく、など

積極的に紹介する仕掛けは必要です

運命共同体
やっぱり同じ箱でサロンをやるとなりますとね、運命共同体です。

サロンの開業に必要なこと

おうちサロンにするべき? それともテナント…?

おうちサロンにするべき? それとも分ける?
サロンを開業する際、お一人サロンの場合なら

おうちサロンにするべきかどうか、迷いどころですよね。

その他の選択肢には、

マンションサロン
テナント
美容室やエステサロン内でのブース
があります。

私はどの形態も経験したことがあるので、

それぞれのメリット・デメリットを実感していますが、

考えなくてはいけないのが

①リスク・②今後の展開・③集客、とい3つの点です。

ちなみに私の場合、

おうちサロン&出張ネイル
共同経営でエステサロン内にオープン→失敗
マンションサロン(お一人サロン/20平米代官山)
マンションサロン拡大移転(60平米/スタッフ8名)
テナントへ移転(当時スタッフ4名)
美容室内に2店舗目をオープン(現在スタッフ7名)
という珍しいくらいに形態を変えてきています笑

いや、ね。。。今思えばこんな風にみなさんに情報をシェアするためだったんだな!と笑

サロンの開業に必要なこと

迷っているあなたへ。サロン開業・経営に主体的な自己責任のパワーを!

主体的にサロンをクリエイトする、素晴らしき自己責任のパワー
独立開業する理由といえば、

現オーナーとの意見やビジョンの相違だったり、

スタッフと合わなかったり、様々ですが、

私の場合、怠け者で自堕落な自分が

「誰かのせいにできない環境に身を置くため」でした笑

上司がいれば、責任を取ってくれる人がいれば

やはりそこに甘えてしまう→自分の成長が限られる、

と思ったためです。

頼るのはいいですけどね、甘えちゃ成長停止、ですよね。

サロンを始めること・続けること=主体的であること
独立開業には「主体性」が絶対に必要です。

サロンを続けていくにもやはり、主体的でなければ難しいでしょう。