CATEGORY サロンのスタッフが育たない

サロンのスタッフが育たない

スタッフ同士の仲が悪い、サロンの空気が悪い時の解決策は?

こんばんは、 幸せサロン育成コーチのげしあゆみです。 スタッフ同士の仲が悪い、サロンの空気が悪い時の解決策は? スタッフが7,8名になってくるとよくある問題ですね。 スタッフ全体が、仲が悪いわけではない。 でもこのことあ…

サロンのスタッフが育たない

やっぱり美容サロンは助成金は活用しなきゃもったいない!

こんばんは、 幸せサロン育成コーチのげしあゆみです。 やっぱり助成金は活用しなきゃもったいない! 最近、株式会社セルプランニングの大本社長と ご一緒させていただく機会が多く、 美容業界随一の助成金マスターから 大変勉強を…

サロンのスタッフが育たない

指示待ちスタッフを育てちゃう、アレ。

指示待ちスタッフを育てちゃう、アレ。
例えば、スタッフが

勝手に判断して結構なミスをした時、

なんて言葉をかけるでしょうか?

「これじゃお客様に迷惑がかかちゃう」

「もういいわ、私がやる」

「どうしてこんなこともできないの?」

「ちょっと考えれば分かるでしょ?」

「私が見ていないと、ダメなんだわ」

(グサグサグサーッ)

なーんて言葉が浮かぶ気持ち

分かります分かります。

マネジメントをする上で、

一番大切なのが「任せる技術」

と頭ではわかっていても、むっずかしい!

サロンのスタッフが育たない

アライアンスシリーズ③スタッフ教育へのシナジー

アライアンスシリーズ②業務提携でリスクヘッジ!
昨日のブログ「アライアンス(業務提携)集客ってドユコト?」

では、業務提携をして集客をする方法をお伝えしました。

まだお読みでない方は、

ぜひ昨日の記事からお読みくださいね。

美容サロンのアライアンス戦略は3つ!

とお伝えしましたが

集客(紹介)
リスクヘッジ
教育
今日はリスクヘッジのお話です。

私がお一人サロンの頃です。

自分が怪我をして当日のサロンワークができないことがありました。

その日の予約をお断りし、

お客様や生徒さんには

大変なご迷惑をおかけした苦い経験から

これはヘッジしなくてはなるまい!と思い

近隣の同じような個人サロンに

提携を持ち掛けました。

サロンのスタッフが育たない

スタッフの働き方に合わせる?サロンに合わせてもらう?

スタッフの働き方に合わせる?サロンに合わせてもらう?
人材紹介のクライアント様から頂く、

一番多いご相談がこちら

スタッフの働き方にどこまで合わせればいいの?

ということ。

そもそも、サロンがはっきり2タイプに分かれています。

サロンの働き方を尊重したいと

考えているサロンと、考えていないサロン。

考えていない、と言うのは

「うちで働きたいならうちのやり方に合わせるべき!」

と思っているサロンです。

10年近いキャリアのある技術者には

なんら違和感のない考え方ですね。

正しくて、厳しい。

一方で、

できる限り、「スタッフの働き方を尊重したい」

と思っているサロンは、

どこは合わせられて、

合わせられないのか、という点を

常に調整しています。

サロンのスタッフが育たない

スタッフに注意をする時は「i message」で

スタッフに対してもお客様に対しても、

ネガティブ・ポジティブに関わらず

自分感情や要求を伝えるシーンでついついやってしまうのが

「You Massage」です。

You Massageとはつまり「あなた(相手)」が主語になっている伝え方。

例えば、こんなシーンを思い浮かべてください。

スタッフが発注ミスをしたとします。

しかも今回が3度目。

「発注前に確認すればいいだけでしょ」

「わからないなら聞けばいいのに」

「前回も同じミスをしたのに…」

「もう彼女には発注は任せられないかな」

などのまずは「不満」や「不信」が心に浮かび生まれます。

優しすぎるオーナーなら

「私の頼み方が悪いのかしら…」と思ってしまうことも。

そこでそのスタッフが、「間違いがなく発注する」

ことができるようになるためには、どんな伝え方が効果的なのでしょう?