サロンの接客で悩んでいる

相手の視点に立つ、ということ

相手の視点に立つ、ということ
どんなに素晴らしい技術もサービスも

それを求めていないお客様にとっては

なんの価値もありません。

「こんなにすごいんです!」

「この資格は合格率が低いんです!」

とか、一般的、つまり

「みんなにとっていいもの」に

価値や納得をする人がどんどん少なくなっていって

今は、

「私のニーズや想いに応えてくれるサービスが欲しい」

ということが求められています。

それは

「私に寄り添って欲しい」ということの

表れでもあります。

幸せサロンオーナーのマインド

サロンオーナーの「メンタルの安定」は”サロンのスタミナ”

私もコーチングを学ぶ前は、感情的に考えることが多く、

「結局何を考えていたんだっけ?」と

なることがしょっちゅうでした。

今では、論理的な思考が癖になってきていて、

感情が高ぶった時「なぜ起こっているのか?」その原因と

「どうすればよいのか?」と解決策をセットで考えるようになりました。

決して、感情的に考えてはいけない、ということではなく

冒頭でもお伝えした通り、

安定感がある、というのは

ぶれてもすぐに戻る、ということ。

そこを目指せばいいのです。

感情のピークさえ過ぎれば、すぐに論理的に考えることができるもの。

幸せサロンオーナーのマインド

サロンオーナー的「自己投資の仕方」

サロンオーナー的「自己投資の仕方」
個人事業主なのか法人なのか

これによってもお金の管理は全く違ってきますよね。

法人ならば経費を抜いた会社の利益=会社のお金、ですが

個人事業主の場合は、サロンの利益=自分の給与、となります。

どちらにしても、「自由に使えるお金」というのを把握できるよう

しっかりと管理を続けなくてはなりません。

さて本日は

自由に使えるお金を、何に使うか?いくら使うか?

というテーマでお伝えしていきます。

一般的には収入の10%程度を自己投資に使うべき、と言われていますが

私は「いくら使ったか」より「なぜ使うのか?」ということの方が

断然大事!と思っています。

幸せサロンオーナーのマインド

思い込みを外してサクサク行動できちゃうトレーニング

思い込みを外してサクサク行動できちゃうトレーニング
どんなときに思い込みが強くなりますか?という問いに

あなたなら何て答えますか?

私にとっては、

「〜してはいけない」「〜であるべき」

というふうに自分を制限しているときが

思い込んでいる状態です。

私の好きな作家さんが

常識=思い込んだ誰かの意見

と言っていましたが、

激しく同意。

でも実際は、

思い込みにとらわれず、自由な発想をしたい!

と思っていても

自分にとっては当たり前になっている思考なので

自分ではなかなか気づくことができません。

例えば、

幸せサロンオーナーのマインド

今、頑張っていることが、無駄な努力にならないために

【今、頑張っていることが、無駄な努力にならないための方法】

今、集客のために、リピート獲得のために、

お客様を喜ばせるために

売上を上げるために、サロンを発展させるために

頑張っていること、きっとあるかと思います。

その努力が無駄になってしまうことがあります。

それはすでに上手くいかないと分かっているやり方をすること。

当然といえば当然の話なのですが、

上手くいかない、成果が出ないと分かったことは

やり方を変えなくてはいけませんね。

やり方が同じ以上、何度行っても

同じ結果しか生みません。

努力と成果、その繰り返しで成長をしていくわけですが、

無駄な努力にならないために欠かせないのが

データ化。

サロンの接客で悩んでいる

営業しなくても売れていくってどういうこと?

営業しなくても売れていくってどういうこと?
幸せサロン育成塾では、サロンサポートの他に、

サロンリニューアル・開業サポートというコンテンツをご用意しています。

4ヶ月間、サロンのリニューアル・開業を

コンサルテーションでサポートしていくコースです。

お知り合いやご紹介からのみお受けしている

『裏メニュー』ですが、

今日は、スクールを卒業いただいた卒業生から

コンサルのご依頼を頂きました。

卒業生の活躍も

コンサルを依頼していただけることも

本当に本当に光栄で、嬉しいことです。

コンサルのクライアントさまに関しては

お陰様で一度も集客・周知をしたことがないのは

本当に有難いことです。

こちらから「買ってください」「どうですか?」

と”売る”ことなく、

「あゆみさんにお願いしたい!」とクライアントさまから言っていただけるのは

有難いのはもちろん、何より、とっても自然。

商品やコンテンツの売買、というのはこうあるべきなのだ、と実感します。

そこにニーズとウォンツがあって

こちらに提供できる価値があるとき

成約は本当にスムーズです。