幸せサロンオーナーのマインド

サロンオーナーのタイムマネジメント2「自分時間の捻出の仕方」

私も、

以前はだいぶ無理をしていて、誘われるお誘いにはほぼ顔を出し、

お仕事につながりそうな会食にはクタクタでメイクもボロボロの

サロンワーク後でも駆けつけていました。

自分の時間なんて、とても作れなかったし

そこまで必死に参加をしても結局、その後の関係づくりや

仕事には繋がっていませんでした。

あの頃に比べると、自分の時間を作ることも、人間関係も

ほんとーに楽になりました。

気乗りしないお誘いなら、自分を休ませることの方がずっと大切です。

自分の目的のために、幸せのために

どの時間を選び、どの時間を手放すのか

そんな選択を自分の意志をもってすること、

これが時間管理の第一歩だと思うのです。

サロンオーナーの出会い・学びの場

サロンオーナー出会いと学びの場☆明日は幸せサロンミーティング!

サロンオーナー出会いと学びの場☆明日は幸せサロンミーティング!
明日5/10は「幸せサロンMTG」の日♪

私がお一人サロンの頃は、

「自分が倒れたら終わり」という状況の中で

業務提携をしてくれているサロンがありました。

お互いに一人サロンだったので、抱えているリスクは同じ。

「万が一のための備え」は、とってもとっても大きな安心材料となりました。

一人でサロンを切り盛りしていると、目の前のサロンワークでいっぱいいっぱい。

業界から取り残されているような気持ちになることも多々ありました。

そんな不安を共有し、ともに励ましあって進める仲間が、

サロンオーナーには絶対絶対必要です。

そんなサロンオーナー・技術者・サロンを支える企業・メーカーが集い

出会って、学んで、仲間と成長を楽しむ場所が「幸せサロンミーティング」です。

先人のサロンは、成功事例や失敗事例を後輩の私たちに惜しみなく共有してくれます

これからサロンを開業する方は、熱いパッションを共有してくれます。

みんなが先生でみんなが生徒、気負いなく学び合い、繋がれる

とっても暖かい場です。

[btn class="lightning big"]幸せサロンミテーィングへのお申し込み|Facebook[/btn]
サロンの経営方法

サロンオーナーのタイムマネジメント

こんばんは、

幸せサロン育成コーチのげしあゆみです。

サロンオーナーのタイムマネジメント

「サロンオーナーはいつも忙しい」

私もつい最近までそうでした。

休憩に行く暇もなく、休みの日も結局仕事して…

自分の時間を切り売りする、という商売の性質上

売上をあげようとするのなら、

「自分の時間をなくす」というやり方に頼りがちです。

そもそも、1日に4〜5人とこなさなくては廻らない客単価に

問題があるわけで、本当はそこを見直さなくてはいけないのですが

今日は、時間管理のお話。

ご存知の通り、サロンオーナーの1日は施術だけでは終わりません。

お一人サロンなら事務作業も全部自分がやる他ありません。

予約管理・電話、メール対応・顧客管理・

発注・広告の原稿・ブログ・DMやお礼状・経理

スタッフがいるならさらに

マネージメント・シフト作成・研修

マニュアル・雇用保険、社会保険、年金の手続き

リクルート・面接

などが加わり、さらには…

イレギュラーにトラブル(クレームやブッキングなど)対応も必要です。

サロンの経営で悩んでいる

あなたのサロンを3ヶ月でしあわせなサロンに!【無料】メルマガコーチング

「あなたのサロンを3ヶ月で幸せサロンに!幸せサロンの創り方」メルマガでは、

今のあなたが一人では越えられないでいる「サロン経営の壁」を超える方法をお伝えしています。

集客・接客・リピート獲得が「分かる! 出来るようになる!」メルマガにぜひご登録ください。

現場で9年間かけて培ってきた、【超・現場目線のノウハウ】を、

今すぐ実践できるやり方でお伝えしていきます。

また、コーチングスキルを使って、あなたの中にある答えや

「本当はどうしたいか?」ということを引き出していきます。

サロンの接客で悩んでいる

コースや内容の「説明」をするなら○○がないとダメ

コースや内容の「説明」をするなら○○がないとダメ
チラシ・メニュー表・コース案内・商品案内など
ここでイラストをつけると

スクリーンショット 2016-05-06 16.09.35

言葉で説明するよりも、ずっと「イメージがわきやすく」なります。

私たちはその商品・施術に関する知識があるものですから、

お客様も「知っている・分かっている」前提で伝えてしまいがちです。

「良く分からない」=利用・購入しない
良く分からないサービスを受けようとは思えないし

自分に必要かどうかもわかりません。

カウンセリングでも商品のご案内でも、

その施術を受けたらどうなれるのか?

その商品を使ったらどのようにして悩みが解決するのか?

これがイメージ出来れば、お客様の意欲を高めることができる、というわけです。

美容サロンにおいて

このメニュー・コースにはこんな効果があって

こんな価値があります、といったことを説明するシーンが

たくさん有ります。

ここで、「文字だけ」で伝えてしまうと

伝えたいことの5%程度しか伝わりません。

人が情報を得る時、55%は「視覚」から

聴覚が40%と言われています。

大切なのはイメージのしやすさ、

ということです。

幸せサロンオーナーのマインド

サロンオーナーが自信をつける方法

「自信」がない『今』出来る事にフォーカス
「自信がない」には理由があります。

「今」の現実とこうなりたいという「未来」の間のギャップ

これを埋めればいいわけです。

まず考えなくてはいけないのが、

【自分にどうにか出来ることなのか・出来ないことなのか】

ということ。

自分にどうにもできないことを悩んでも

あがいてもどうにも出来ないことは

出来ないんだもん(笑)

「自分には出来ないこと」はタイミングを待ったり、

出来る人に任せたりすればいい。

集客に自信がない
技術に自信がない
経営の知識がない
だから『独立なんて自分にはできないんじゃないか?』

というお悩みに至っているわけですが、

これらは全て「自分でどうにか出来ること」です。

つまり

この「ない」→「ある」に変えられればいいわけです。