サロンの経営方法

「売上(給与)」=「提供している価値」

「売上」=提供している「価値」です。

私たちの仕事ならば、どれだけのお客様を美しくし、

喜ばせ、幸せにした分が=「売上」です。

もちろんそれは、お客様に合った価値、求めている価値にフィットしている必要があるし、

その期待度を超えていなくてはリピーターにもつながりません。

50万円のサロンと100万円のサロンの価値の差
売上が50万円のサロン・技術者なら50万円分の価値、

100万円なら100万円分の価値、ということになります。

となると「売上が低いサロンは価値がないか?」という誤解を生みそうなので

補足をしておきますと

今はそのステージ、ということです。

だからこそ、価値を上げていける余白がある、ということ。

では、「具体的に価値を上げる」とはどういうことなのでしょうか?

ホスピタリティー・おもてなし・接客
新しい機械やメニュー
施術スピードや丁寧さ
カウンセリング力
プロとしての知識やアドバイス
施術の上達レベル
自分自身・サロンのブランドを上げる
要はこの値段以上の価値がある!と言わしめるもの、

ということですね。

幸せサロン育成コーチ げしあゆみ

「方法・ノウハウ・やり方」よりも、やっぱり「あり方」

「方法・ノウハウ・やり方」よりも、やっぱり「あり方」
たくさんの「方法・ノウハウ・やり方」をネットや本で

探しまくって、試してはみるものの(←この行動力、素晴らしい!)

なかなか成果が出ない、と悩んでいる方。

これでいいのかな?と迷っている方。

分かります、分かります。

「やり方」だけではどうも望んでいるゴールにはたどり着けないようだ…

ということに薄々気付けた時が、

「サイン」を受け取るタイミング=チャンス!!

素敵な人のブログを読んで、同じようにやってみても

それがどんなに素晴らしいやり方であっても、

どんなに合理的・効率的な方法であっても

その行動に「在り方」=「マインド」が伴っていなければ、

同じ成果は出せないんですね。

私は、というと

『焦っている時・結果を急いでいる時・不安な時』

こんな時に、HOW TOに頼って(依存して)しまう傾向があります。

サロンのスタッフが育たない

スタッフが全然思い通りに動かない時の魔法の言葉

スタッフが全然思い通りに動かない時の魔法の言葉
「スタッフが全然思い通りに動いてくれない…」

オーナーやマネージャーが大いにぶつかる壁ですね。

大丈夫、あなたのサロンだけではありません。

私も、長い間この思考で悩んでいました。

「そうじゃなくてこうなんだよな〜」

「それじゃお客様はわかんないよ〜」

「こうやれば効率的なのに…!」

などなど、気になり始めたらきりがない!

どうしたらいいんだろう?

その結果、出した答えが

「相手が思い通りに動いてくれない!」→

その前に、自分のことも思い通りに動かせないよね

これを読んでいるあなたは自分のことを思い通りにできているでしょうか?

私は、全くできていません!!笑

サロンの開業に必要なこと

美容室・エステサロンでのネイルブースを出すなら…

美容室でのネイルサービスの魅力は、やはり「トータルビューティー」

まだまだあります、素敵なメリット!

お客様の全身を美しくしてあげられる→満足度が上がる
お客様の来店理由(動機)が増える
来店頻度が増える
客単価が上がる
集客の導線が増える
美容室のお客様がネイルに

ネイルのお客様が美容室に、導線が増えることで

お客様が増えるだけでなく、離れにくくなる

これが最大のメリットではないでしょうか?

潜在的なニーズを開拓するチャンスに満ちています。

美容室+ネイルサロン、デメリットは?
デメリットとしては、

ブランドをある程度統一する必要性がある
ターゲットが同じ・または近い必要があるので、ブランドイメージがかけ離れていては提携は難しいですね

どっちが電話に出る?掃除する?
細かい話ですが、小さなことほどきちんと決めておかないとお互いに不満が溜まってしまいます

紹介のマージンを渡す?
これはデメリットというより、条件として入れるかどうか

お客様を紹介したら20%などど取り決めをしておく、など

積極的に紹介する仕掛けは必要です

運命共同体
やっぱり同じ箱でサロンをやるとなりますとね、運命共同体です。

サロンの開業に必要なこと

おうちサロンにするべき? それともテナント…?

おうちサロンにするべき? それとも分ける?
サロンを開業する際、お一人サロンの場合なら

おうちサロンにするべきかどうか、迷いどころですよね。

その他の選択肢には、

マンションサロン
テナント
美容室やエステサロン内でのブース
があります。

私はどの形態も経験したことがあるので、

それぞれのメリット・デメリットを実感していますが、

考えなくてはいけないのが

①リスク・②今後の展開・③集客、とい3つの点です。

ちなみに私の場合、

おうちサロン&出張ネイル
共同経営でエステサロン内にオープン→失敗
マンションサロン(お一人サロン/20平米代官山)
マンションサロン拡大移転(60平米/スタッフ8名)
テナントへ移転(当時スタッフ4名)
美容室内に2店舗目をオープン(現在スタッフ7名)
という珍しいくらいに形態を変えてきています笑

いや、ね。。。今思えばこんな風にみなさんに情報をシェアするためだったんだな!と笑