CATEGORY 幸せサロンオーナーのマインド

幸せサロンオーナーのマインド

サロンオーナーが自信をつける方法

「自信」がない『今』出来る事にフォーカス
「自信がない」には理由があります。

「今」の現実とこうなりたいという「未来」の間のギャップ

これを埋めればいいわけです。

まず考えなくてはいけないのが、

【自分にどうにか出来ることなのか・出来ないことなのか】

ということ。

自分にどうにもできないことを悩んでも

あがいてもどうにも出来ないことは

出来ないんだもん(笑)

「自分には出来ないこと」はタイミングを待ったり、

出来る人に任せたりすればいい。

集客に自信がない
技術に自信がない
経営の知識がない
だから『独立なんて自分にはできないんじゃないか?』

というお悩みに至っているわけですが、

これらは全て「自分でどうにか出来ること」です。

つまり

この「ない」→「ある」に変えられればいいわけです。

幸せサロンオーナーのマインド

サロンオーナーが自分を犠牲にしちゃダメな理由

サロン開業から始めの3年、私はまさに自分を犠牲にして頑張っていました。

お客様もいなくて、お金もなくてコネもなくて、

本当に無謀な独立。

定休日はなし、営業時間は12:00〜24:00

空いてる時間もずっとチラシをまいて、

サンプルをつくって、事務仕事をして

営業前後には家賃のためにアルバイトもして

まさに「休みなく働いていた状態」

気力だけでもっているようなものでした。

もちろんあの『がむしゃらな時期』があったからこそ、

今の私・サロンがあるのは間違いありません。

でも、今ならもっと、自分が苦しくないやり方ができるだろうなぁ、

と思うわけです。

今サロンを出したばかりの方、

これからサロンを出す方には

私と同じ思いをして欲しくないなぁ、という思いで

今日のブログを書いています。

自己犠牲の上で成り立つサロンの行く末
3年間、そんな働き方をした結末は、1店舗3席で

4000万の売上の代償に、私が体調を壊し4週間の入院。

そりゃそうだ!

幸せサロンオーナーのマインド

頑張るサロンオーナーへ「プライベート充実させてますか?」

休み前って、なんであんなにテンションが上がってしまうんでしょうか〜

休みって言っても結局仕事をしちゃうのですが。

とはいえ、私にはあまり「仕事」と「プライベート」の逆目がありません。

サロンワークもレッスンも、サロンサポートもコーチングも

こうしてブログを書いたり、セミナーをやったりするのも

「自分が楽しくて、やりたくてやっていること」

お金を頂いている以上、プロとしての成果を出す責任はありますが、

とにかく楽しい。「やるべきこと」とは真逆にある事たちです。

どれもが私を成長させてくれる「楽しみ事」=私にとっての仕事です。

『仕事も楽しい、仕事してない時も楽しい』
でもやっぱり休みは、社長として、オーナーとして、などの責任から解放されるからか

まーハッチャケています。